肌見せ本番の夏が来る前に

肌見せ本番の夏が来る前に

Just another WordPress site

毛が生えるサイクルに合わせて処理していくフラッシュ脱毛


「エステティック」のフラッシュ式脱毛の事を説明しようと思います。

最初にマシンのことに関しましては、毛が生えるサイクルに合わせて処理します。

フラッシュとあるのですが、カメラのフラッシュのように、身体に無害な光の電磁波をお肌に照射して毛を処理します。

 

受けたことが無い人の場合、まったくイメージが湧かないと思いますが、すぐに剃刀負けをしてしまうような敏感肌の方でも安心できるやり方です。

フラッシュを当てる時には、クリームを塗布しお肌を保護した後に行われます。

毛質によっても異なりますが、6・7回程受けると、無駄毛を気にすることが無くなります。

 

私自身、以前何回もウデの毛をカミソリで剃り続けていました。

ウデを脱毛するためにフラッシュ脱毛を体験してみてからは、思ってたよりは黒々とした毛が見た目に分からなくなったような実感が得られました。

それと剃ったり抜いたりしていたころのように肌荒れを起こすことがないので、ずっと気持ちいいです。

 

1週間に1度、休みの日に体全部の無駄毛のお手入れをします。

本当はかみそりで剃る方が早く終わるのですが、お肌に良くないので、今はかみそりで処理をしなくなりました。

かみそりの代替として使い始めたのが電気剃刀です。

 

本当の事を言うと電気剃刀というのは剃る時に毛が絡まって痛いと思い込んでいたので、これまで使用したことが無かったのです。

しかし肌荒れが酷くなってきたので、剃刀で処理出来なくなってしまいました。

実際に使用してみると、毛が絡みつくような事はなく痛みも全くありませんでした。

 

またかみそりで剃った時みたいにお肌にある必要な角質を削ってしまう様な事がないので、肌が乾燥しにくくなりました。

ただ、電気かみそりの良くない点は時間がかかってしまう事です。

剃刀の場合剃りたい部分に石鹸などを塗って剃れば、全身を処理しても10分程度で終了です。

 

しかし電動シェーバーだと処理のスピードが決まっているので、全身の処理をすると三十分はかかってしまうのです。

肌荒れを起こしにくくなったのは嬉しいと思いますが、1週間に1度30分をムダ毛処理にかけるなんてやっぱり億劫だと思います。

 

わたくしはVIOのムダ毛処理経験はないのです。

でもお友だちに温泉に行こうと誘われ今アンダーヘアのむだ毛をお手入れしようかなと考えています。

自分の場合無駄毛が多く生えているので、ビキニラインのむだ毛は見られたくないと考えてしまいます。

 

いくら友達でも見られる事がない様にしたいのです。

この部分の処理をして薄くなれば、知り合いに見られたとしても安心できるのです。

だから処理しておきたいという思いが強いのです。

 

けれども少し調べたところ、ビキニラインの処理というのは自己処理しない方が良いと書いてありました。

痛みも強いですし肌荒れを起こす事があるようなのです。

私は肌がそこまで強くないですし、ごくたまにメイク道具でもお肌が荒れてしまうのです。

 

私みたいな肌タイプの場合はビキニラインのむだ毛の処理を自分ではしない方が良いのですか?それともまた温泉に行くんだったらやったほうが良いのでしょうか?

一番にビキニラインの手入れの痛みの強さやお肌をどれくらい傷つけるのかなどを分かっておきたいです。

Vラインをお手入れするのはやっぱりしない方が良いのですか?この事に私は一番悩まされているのです。

 

アンダーヘアってどの様に対処していますか?私自身は手を着けていません。

以前、ビキニエリアの無駄毛が心配になって、自身で対処してみました。

手始めにピンセットで地道に処理していったのだけど、痛さに耐えながらの作業でした。

 

辛抱しながら行ったのだから大成功するはずだと思っていたのに、差し当たり除毛した所はスベスベになりましたが、毛穴部がポツポツ目立つようになるし、改めてむだ毛が生え始めてくると毛がチクチクしてパンティに刺ささって見えることもあるしで、おすすめはできません。

 

今度は剃毛する事にしました。

かみそり処理だと痛くはないものの、刃の間に体毛が絡みついて除去するのが煩わしいし、そり跡が目立つうえにチクチクするし、すぐさま生え始めるし大失敗でした。

 

脱毛クリームはパンティラインには利用不可能だしでそれ以降はケアをしていません。

ですから水着を着る機会があったら困るなとドキドキしっぱなしです。

最終的にデリケートゾーンをちゃんとするには、エステで施術するしかないかもな、と思いはじめています。

おすすめサロン⇒ストラッシュ 無料カウンセリング

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー